author

  • ちえ@管理人
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
管理人ヘのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

本部2日目
昨日ビデオを見ることが出来たので。(^^;

前日とはうってかわって晴天。去年と同じ。
ただ駐車場からの距離が去年より短かったので、
イオのケージを運んだりするのは思ったよりはマシだった。

キュー JP3。
朝一JPが、なのかスタートの難しいシーケンスが、なのかは分からないが
勢いは無い。最後の5つ障害くらいはラインもブレブレだったけど、
それ」以外はフツーの走りでフツーにクリーン。

イオ JP3。
後半のオーバー飛びの部分でイオが視界から消え、
ハッと振り返ったらすぐ足元にいた!という場面があった。
そこから全てが後手後手になり、結局は終盤のフロントの位置が悪すぎ、
その次の障害でトンネル誤入。失格。


キュー AG3。
やっぱりAGは勢いがいい。特にスタートのシーケンスでタッチ障害があったりすると
元気元気。と思ったら、Aフレあとのトンネルにどぼん。
ビデオで見たら十分ヒトは間に合っていた。位置と手が悪かったようだ。

イオ AG3。
キューが失格した箇所、タッチで離れられないイオは、特に自信がない。
その箇所だけ念入りにチェック。実走ではそこは失格こそしなかったものの
体が流れてしまってバーを拒絶。しかもイオが足に激しくあたったため、ハンドラ悲鳴。(笑)
ジャッジにはバッティングだけをとられていた。
その後、最後の最後で集中が途切れ、バー逆飛び失格。

という感じで4走3失格だったワケですが。
作り直しているイオのタッチ、四国、本部と2回の競技会で見たところ、
とても良くなっている気がする。タッチの呪縛から解かれたハンドラーの気持ちが
一番関係しているのだろう、とは思うけど。
まだ安心してハンドラーが前に駆け抜けるところまでは出来てないので、
そのあたり、この夏の課題にしましょうかね。
キューはねー。楽しく走ってくれさえすればそれでいいんだけど。。。
関連記事


競技会 | 【2009-06-15(Mon) 10:18:59】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ワンsのプロフィール

キャバリア:ケーニャ
1999.10.29生2017.3.20没

コイケル:アステン
2001.02.07生2014.9.23没


パピヨン:キューブ
2005.05.22生


ボーダーコリー:イオ
2006.02.14生
カテゴリー