author

  • ちえ@管理人
最近の記事+コメント
ブログ内検索
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
6・7月の出来事
広告が出てしまった。。。

身近な友人にはお話していましたが
この夏はアステンの看護のため、表立った活動は自粛。。。。。

とはいえ、たまーにアジ練習に行ってみたり、
川でBBQをしてみたり、
庭にプールを作って遊んでみたり、
ラベンダー摘みに行ってみたり、
週3くらいで秋が瀬で遊んでみたり。

と、いろいろ水面下では活発なご様子。(笑)
なんとか現状維持で梅雨~初夏を過ごしています。

この調子で夏も乗り切って行きたいものですね。


追記でアステンの病状を。

思い返せば、今年の初めくらいから明け方に咳をする、という症状が出始めました。
心音、呼吸ともに雑音もないし、、、なんだろう?と思っているうちに
春先には明け方以外にも咳。この時点での血液検査でも特に異常なし。
心臓が悪いケーニャと同じような咳のため心臓疾患を疑ったのですが、
予想に反して心音まったく変化なし。

4月・5月は引越しだーなんだーであまりに忙しく、
引越しが片付いた5月下旬に改めて病院で診察。
このときも、老化によって気管支が云々なんて言っているので
半ば無理やりレントゲンを撮ってもらったところ、肺に影が。

6月の頭にキャミックでCT検査。
左側の肺が全部隠れるほどの大きな腫瘍でした。
そして右肺に微かに転移。転移している時点で、
検査を待つことなく悪性と断定。
犬にはちょっと珍しい 原発性肺癌でした。

左肺はほぼ癌化しているため、
右肺の小さな癌が大きくなってきたときが、命が尽きるときと思っています。

左肺の癌がここまで大きくなるのに約半年くらいはかかっているとの見方から、
右肺がつぶれるまでにもあと半年くらいでは、というのが先生の判断。
進行が早ければ、3ヶ月くらいかもしれません。

手術をしても、再発はあるだろうし、命を延ばせるかの保障は無し。
大きな手術では入院も長いでしょうし、その後の治療も苦しかろう。

アステンにはそんな痛い思いはさせたくないので
外科的な処置、抗がん剤の治療も一切しないことにしました。

そんな余命宣告から約1ヵ月半が経過。
極度な食事制限により、気力食欲は減退していますが、

まあ、病状の割には 元気だと思います。
咳が出るときは少々辛そうではありますが、痛い苦しいは無いようなのが一番嬉しい。
ゴハンはあまり食べないことが多いけど、好きなものは良く食べるし。

たとえ奇跡が起こっても、この癌が治る、、なーんてことはないです。

ので、1日でも長く穏やかな日々を過ごすことを目標に。
アステン。ずっとそばに居るから、一緒に頑張ろうね。

関連記事
ヒトの日常 | 【2013-07-18(Thu) 12:12:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
次回の競技会は・・・・
12/09  OPDES秋が瀬
キューブ


ワンsのプロフィール

キャバリア:ケーニャ
1999.10.29生

コイケル:アステン
2001.02.07生


パピヨン:キューブ
2005.05.22生


ボーダーコリー:イオ
2006.02.14生
管理人ヘのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。